top of page

バイオグラフィー
~音楽と医学の融合~

今井美友

ジュリアード音楽院のクラシックヴァイオリニスト、

バークリーの現代演奏家/作曲家/プロデューサー、そして

ハーバード大学の神経科医学者。 

今井美(いまいみゆう)
2000年9月5日、東京生まれ。4歳でニューヨークに移住。

5歳よりジュリアード音楽院でレッスンを受け始め、10歳でジュリアード音楽院史上最年少で合格。ハーバード大学の医学部課程で神経科学と経済学を専攻し、脳神経医学の研究、同時にバークリー大学院でバイオリン演奏とプロデュースの修士を履修。前例のない二重学位を果たす。

2023年、ハーバードを神経科学の論文でマグナクムラウデ優秀賞で卒業、バークリー音楽院を最優秀賞・首席で卒業。現在バークリー音楽院・スペイン校で演奏家、作曲家、プロデューサーとして活動中。

 


ーーーーーーーーーーー
ピアニストの母親とヴァイオリニストの叔父の影響を受けて、2歳よりピアノとヴァイオリンを学ぶ。その後早期に肺がんで亡くなった叔父の影響で、音楽と医療の融合に興味を持つ。

5歳より才能を認められ、ジュリアード音楽院でレッスンを受け始め、10歳でジュリアード音楽院史上最年少で合格。
16歳でプロの集まるアスペン音楽祭やミュージックアルプ祭などで全額奨学金を獲得。カーネギーホール、リンカーンセンター、ユニオンクラブ、フリッツコレクションなど、世界中の会場で演奏。イツァーク・パールマン、オーギュスティン・ハーデリッヒ、サラ・チャンなどの著名な音楽家とも共演を果たす。

17歳の時公式ディズニーとの共演を果たし、現代音楽に目覚める。

その後ハーバード大学で医学部課程に入学。神経科学と経済学を専攻し、脳神経医学の研究を続けながら、同時にボストンのバークリー音楽大学に二重入学。ハーバード大学の医学部課程で神経科学と経済学を専攻し、脳神経医学の研究、同時にバークリー大学院で修士を履修。前例のない二重学位を果たす。

2023年、ハーバードを神経科学の論文でマグナクムラウデ最優等成績で卒業。神経科医学の最先端を研究しながら、ハーバード大学初のAR・VR開発部を設立。ハーバード大学のダンスター寮の生徒会長を務め、また全12寮を束ねる財務長を務める。コロナ渦中は、ネパールとボリビアにワクチンセンターを設立し、恵まれない子供達の教育活動の先頭に立ったほか、インド、米国、日本で女性と子どものメンタルヘルスに関する教育活動を設立。

2023年、ハーバードを神経科学の論文でマグナクムラウデ優秀賞で卒業、バークリー音楽院を最優秀賞・首席で卒業。現在バークリー音楽院・スペイン校で演奏家、作曲家、プロデューサーとして活動中。

Academic Achievements

Yanai Tadashi Scholar

Grand scholar based on academic excellence and extracurricular achievements and potential to be global leaders. Awarded total of $440,000 for a four-year full merit scholarship to attend Harvard University.

Milken Scholar

Grand scholar based on the academic excellence, extracurricular achievements, leadership, and global excellence

Magna Cum Laude

High honors at Harvard University for her Neuroscience thesis

Science Olympiad

Gold medal in remote sensing in Tri-State Tournament

bottom of page